• 現代の生活スタイルにあった永代供養

    • 永代供養とは、霊園や寺院が遺骨を預かり、供養や管理を行ってくれる供養方法のことをいいます。

      近年、少子化や後継者不足の問題なので、お墓を持たない供養方法が注目され、永代供養を利用する人が増えています。


      ただ気をつけないといけないことは、「永代」といっても、未来永劫という意味ではないということです。霊園や寺院ごとに供養期間が決まっていて、一般的には33年程とされています。永代供養の供養方法は、大きく2つに分かれます。



      一つは分骨型で、お骨を個別に供養するものと、他のお骨を一緒に供養する合祀です。合祀は費用の負担が小さいメリットがありますが、一度お骨を納めてしまうと、後で取り出すことができないので、十分検討してから行うことが大切です。


      一般的なお墓との違いは、霊園や寺院が責任をもって供養と管理を行ってくれることです。

      T-SITEの情報ならお任せください。

      また墓石代もかからないので費用がかなり安く抑えることができます。
      一式の費用を支払えば、管理費やお布施、寄付金などの費用は必要ないのも選ばれる理由の一つとなっています。

      現代の生活様式では、いままでの伝統的な供養があわなくなってきているため、永代供養が選ばれる理由の一つとなっています。

      現在住んでいる場所とお墓が離れたところにある場合、墓参りをするのも時間と手間がかかり、負担となっています。

      また先祖の遺骨を預かったとしても、わざわざその土地に出向いて供養をする時間がとれない場合もあります。



      その点、すべてを任せることができる永代供養のシステムは、負担もなく現代の生活に見合った供養方法と言えます。

  • マナーをもっと知る

    • 永代供養の意味と種類

      永代供養とは先祖代々のお墓を、永代に亘って守り、子孫が供養していくという意味ですが、現代では子孫に代わって寺院や霊園に管理、供養してもらう契約の事を指します。永代供養の契約が増えたのは、お墓の管理をしてくれる子孫が減った事や、ライフスタイルの変化が原因です。...

  • マナーの話

    • 永代供養に関すること

      永代供養で契約をすれば、永久に供養してもらうことができるというわけではありません。永代というのは、永い代に渡るという意味で、十三回忌、十七回忌、三十三回忌、五十回忌などの期間の供養をしてもらうことができます。...

  • いまどきのマナー・大人の常識

    • 永代供養墓とはどのようなものなのか

      永代供養墓とは本来お墓参りに行けない方にかわってお寺や霊園が「永代に」管理、供養してくれるお墓のことで、昔からあります。よく間違えられるのが永代供養です。...

    • 永代供養墓のニーズは増え続けています

      最近は、従来のお墓を建立して埋葬すると言うスタイルから永代供養の埋葬方法を選択する人が増えています。これは、核家族化と少子化の影響で、墓地の権利を購入し墓石を建立しても、男系が途絶えて、いつしか無縁仏化するリスクが非常に高くなっている事が第1の理由です。...