• 永代供養墓のニーズは増え続けています

    最近は、従来のお墓を建立して埋葬すると言うスタイルから永代供養の埋葬方法を選択する人が増えています。


    これは、核家族化と少子化の影響で、墓地の権利を購入し墓石を建立しても、男系が途絶えて、いつしか無縁仏化するリスクが非常に高くなっている事が第1の理由です。

    また仮に従来通りの墓を建立しようとしても、都会では土地がなく、遥か郊外や山の中腹などお参りに不便な場所にしか墓地を確保できない事が第2の理由です。

    千葉の自然葬についての情報を簡単に探すことができます。

    更に子供や孫に負担を掛ける事は避けたいと考える人が増えている事が第3の理由です。



    こうした人達が様々な永代供養を生前に予約すると言いた事が増えているのです。
    永代供養にも、郊外の広い墓地に樹木葬として墓石を建立しないで、桜などの樹木と小さなプレートを設けて個別に埋葬する方法もあれば、納骨堂に遺骨を納めたり、共同の永代供養墓、永代供養塔に埋葬するスタイルもあります。

    いづれの場合にも、維持管理費的な費用は不要で、最初に一定額の支払いをすれば、永久に手厚く弔ってもらえるのです。


    この中で、樹木葬は自然の中で眠りたいと言う想いの方が大きく、やはり場所が郊外などに限定され、先に記挿した永代供養を拙宅される理由の2番目はクリアーできません。



    やはり都会で永代供養を望まれる方は、都心にあるお寺などの永代供養墓の様にお参りに便利な所を選ばれる方が多いようです。

    費用も比較的安く、また遺族がお参りすのに便利で、万が一お参りする人が途絶えても、供養し続けてもらえる便利さと安心感が、この永代供養墓のニーズが増え続けている理由なのです。