• 永代供養墓とはどのようなものなのか

    永代供養墓とは本来お墓参りに行けない方にかわってお寺や霊園が「永代に」管理、供養してくれるお墓のことで、昔からあります。よく間違えられるのが永代供養です。

    東京の永代供養使いやすさが好評です。

    これは昔から合ったものではなく、時代を反映するように独身者や身寄りの居ない方が増えたことによる、いわばお寺側のビジネスとも言えます。

    永代供養墓は一般的に他の人と一緒の墓、あるいは同じ納骨室に安置されることから合祀墓、合同墓、合葬墓などと呼ばれることもあります。
    また永代供養墓という名称もお寺によって違いがあります。


    一般の墓との違いはお墓参りに行かなくてもお寺が責任をもって供養してくれる、個人墓でなければ墓石代がかからない、一式料金を支払えば、その後の管理費やお布施、寄付金などの費用がかかりません。

    しかし生前申込みをした場合は年会費や譲寺費、年間管理費という形で支払うところもあります。


    また、宗旨宗派にこだわる必要もほとんどありません。永代供養墓は納骨後、どのように供養してくれるのでしょうか。

    それはお寺によって多少の違いはありますが、ほとんどの場合毎年の春秋彼岸とお盆に合同供養を行う、年1回あるいは毎月供養、毎年祥月命日の供養、回忌供養などがあります。

    また、納骨された人の名前は記録として石版の墓誌に刻字や過去帳や墓石簿などに記載される場合が殆どです。

    Girls Channel情報をお教えします。

    核家族化や少子化が進む現代では先祖代々の墓を守ることが難しくなってきています。



    そういうときに永代供養墓をお願いすればお寺で毎年や毎月の供養をしてもらえるのです。