• 永代供養の意味と種類

    永代供養とは先祖代々のお墓を、永代に亘って守り、子孫が供養していくという意味ですが、現代では子孫に代わって寺院や霊園に管理、供養してもらう契約の事を指します。

    永代供養の契約が増えたのは、お墓の管理をしてくれる子孫が減った事や、ライフスタイルの変化が原因です。

    一般的な永代供養墓は、納骨堂に礼拝施設などが一緒に併設された屋内型や納骨スペースの上にモニュメントなどを作った屋外型が多いようです。
    特徴は、他の人のお骨と一緒に納骨されるのであとから改葬などで取り出す事が困難な事、個別にお墓をつくらないので料金が格安な事、普通、年数回の供養を永代に亘り行ってもらえる事などです。

    埼玉の樹木葬を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

    実際には細かいところの規約はまちまちで、一定期間は個別に骨壺で安置されてその後他の人と一緒に合祀されるという契約もあるようです。

    その場合の期間もまちまちで、33回忌までというのが多いようです。

    NAVERまとめ情報探しに特化した総合サイトです。

    個別に安置する期間というのは、死んだ後に生まれ変わる期間や成仏する期間、先祖の霊に昇華する期間などの考え方などが反映されているようです。
    最近の特徴は永代供養のされ方も多様化して、自分に合ったスタイルが選択できるという事です。



    一般のお墓をつくり、世話をする人がいなくなった時点で、寺院や霊園が管理、供養を引き継ぐという契約や、最初から個別の永代供養墓が並んだスタイル、一般的な合祀墓でありながら納骨は個別にされている場合などさまざまなタイプがあるようです。