• 永代供養に関すること

    永代供養で契約をすれば、永久に供養してもらうことができるというわけではありません。

    永代というのは、永い代に渡るという意味で、十三回忌、十七回忌、三十三回忌、五十回忌などの期間の供養をしてもらうことができます。
    永代供養は一定期間の契約をして、その期間が終わったあとは、合同墓地に移動されることになります。
    また、見ず知らずの他人と一緒に埋葬されてしまうと考える方もいらっしゃいますが、永代供養には種類があります。


    骨壷ごとに個別で安置をする方法や、自由墓地や個別墓に納骨する方法など、お寺や霊園などによって違います。永代供養は、お墓がないところもありますが、お墓があるものもあります。

    あなたの期待に応える埼玉の永代供養サイトを今すぐ確認してみましょう。

    個別でお墓があり、一定期間が終わったあと集合墓地に移動されることになります。また、他にも他の人と同じ納骨堂に安置されたり、タッチパネルで個別のお墓を登場させるタイプや、位牌だけを配置するタイプなどがあります。

    改葬される場合には、合祀をしたらできませんが、お墓のお骨を永代供養墓に移すことができます。

    All Aboutを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

    方法は、今までお墓があった市町村役場から改葬許可申請書をもらい、必要事項を記入して、今までのお墓のお寺から署名、捺印をもらいます。



    新たに納骨するところから使用許可書をもらい、今までのお墓がある市町村役場へ行き改葬許可書を発行してもらい、魂抜きをして遺骨を取り出し、墓地を整地してもらい、新しいお寺に遺骨と改葬許可書を持参して、納骨してもらうことになります。